フィギュアの保管の仕方。温度と湿度は?箱のままはダメ?コレクターが教えます!

フィギュアの悩み
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

フィギュアは、自分のお気に入りのキャラクターや作品を立体的に楽しめる素晴らしい趣味ですが、その反面、保管にはちょっとしたコツが必要です。

せっかく集めたフィギュアを長く美しく保つためには、どのように保管すれば良いのでしょうか?

今回は、フィギュアの保管方法をご紹介します。

フィギュアを温度や湿度などから守る

フィギュアを保管する際に気をつけるべきことは、温度や湿度、直射日光、ほこり、強いニオイなどです。

これらの要素は、フィギュアの素材や塗装に悪影響を与える可能性があります。

例えば、温度や湿度が高すぎると、フィギュアが変形したり、接着剤が溶けたりすることがあります。

適切な温度は30度以内、湿度は60%以内を目安にしましょう。

また、直射日光や蛍光灯などの紫外線は、フィギュアの色あせや劣化を早める原因になります。

さらに、ほこりは、フィギュアの表面に付着して汚れやシミを作ったり、塗装が剥がれたりすることがあります。

強いニオイはフィギュアにこびりつき、なかなか取れないです。

これらの要素を避けるためには、冷暖房の効いた部屋で保管することや、直射日光や蛍光灯から離れた場所で保管することが望ましいです。

フィギュアを飾らない場合の保管方法

飾らない場合は、フィギュアを専用のケースや外箱に入れて保管するのが一般的です。

これは、フィギュアを埃や日光から守る効果があります。

しかし、ただ入れておくだけでは不十分です。

定期的に空気にあてたり、湿気対策をしたりすることも大切です。

空気に当てず密封したままでは、フィギュアがベタベタする原因になります。

また、外箱を重ねて積み上げるときは、下の箱が潰れないように気をつけましょう。

もし外箱がない場合は、通気性のよい不織布ケースなどに入れて保管すると良いでしょう。

フィギュアを飾る場合の保管方法

飾る場合は、コレクションラックやディスプレイケースなどを使って見せる収納がおすすめです。

これらの収納方法は、フィギュアを埃や日光から守りながらも楽しむことが理想です。

ただし、収納スペースに余裕があるかどうかや、どれだけの数のフィギュアを飾りたいかなどによって選ぶべき収納方法は変わってきます。

自分の好みや予算に合わせて最適な収納方法を探してみましょう。

フィギュアのお手入れ方法

最後に、フィギュアのお手入れ方法について説明します。

フィギュアは長く保管しているとほこりや汚れが付着することがあります。

これらを落とすためには、柔らかいハケやノンアルコールのウェットティッシュなどを使って優しく拭くことです。

私が使っている道具も紹介しておきます。モデルクリーニングブラシ

力を入れすぎたり、爪やピンセットなどでこすったりすると傷がつく可能性があるので注意しましょう。

また、フィギュアにパーツ交換や可動機能がある場合は、定期的に動かしてあげることで固着を防ぐことができます。

まとめ

以上が、フィギュアの保管方法について詳しくまとめた内容です。

フィギュアは高価なものも多いので、大切に扱って長く楽しみましょう。

私も自分のフィギュアコレクションを大切に飾って保管しています。

皆さんも、自分のフィギュアに愛情を持って保管してくださいね。

スポンサーリンク
フィギュアの悩み
発想攻略日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました